HOME > お知らせ

O脚とスポーツ・その3「当院O脚矯正患者さんの男女1位のスポーツ」

2017年 6月 28日

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、O脚とスポーツ第3弾『当院O脚矯正患者さんの男女1位のスポーツ』
というお話です。

 

1回目・2回目未読の方は下記からどうぞ。

O脚とスポーツの1回目
「一流アスリートにO脚の人がいない理由」

O脚とスポーツ・その1「一流アスリートにO脚の人がいない理由」

O脚とスポーツの2回目
「O脚に良いスポーツ・悪いスポーツ」

O脚とスポーツ・その2「O脚に良いスポーツ・悪いスポーツ」

 

男性・女性各1位のスポーツですが、過去にブログなどで「多い」と
書いたことがありますので、うすうす気づかれているかもしれません。

 

私の院のO脚矯正患者さんの男性1位は、サッカーです。

男性1位のサッカーですが、スポーツで1位というだけでなく、
男性O脚患者さんの70%以上が、サッカー経験があります。

言い換えると、男性O脚患者さんのうちサッカー未経験者は30%以下です。

 

一方、女性1位は・・・

そういえば、女性に「何のスポーツをしていますか?」
とあまり聞いたことがない事に気づきました^^;;

でも『あえて多いスポーツは?』という事なら…
意外かもしれませんがバレエです。

 

当院の近所に有名なバレエスクールがあり、そのことが
当院にバレエの患者さんが多い理由かもしれません。

 

『バレエは脚が綺麗になる』

そう思っている方もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

バレエ関係者の方、すみませんm(_ _”m)

フォローするわけではありませんが、一方でバレエをすると
脚が綺麗になる人はめちゃくちゃ綺麗になります。

バレエは、他のスポーツに比べ
『脚にとってはハイリスクハイリターンなスポーツ』
と言えるかもしれません。

 

前回のブログでも書いた通り、私は

『ある特定のスポーツが、
O脚を良くしたり悪くしたりすることはない』

と思っています。

 

ただ、現実に当院のO脚矯正患者さんサッカーやバレエを
している方が多い。

でも、「サッカーやバレエをしている方全員がO脚」
という訳ではないんです。

 

同じスポーツをしているのに
O脚になる人とO脚にならない人がいる…

 

これには、きちんとした理由があります。

私は、どういう方にリスクが高いか知っているし
バレエでO脚にならない方法を分っています。

 

書くと長くなりすぎるので、これはまた別の機会に。

 

では、

「なぜサッカーとバレエが多いのか?」と考えた時に、

「サッカーやバレエの動きの中にO脚になりやすい要素がある」

と予想できます。

 

実は、サッカーにもバレエにも共通する『ある動き』があるのです。

その『ある動き』とは、『下腿を過外旋させる動き』です。

 

下腿を過外旋させる動作のため、相対的に股関節および大腿骨が内旋位になり
O脚を助長する可能性が高いと考えています。

 

言葉にすると、かなり難解な表現になってしまいますが、
直接説明すると難しくないのですが…

 

結論としては、

1.アスリートにO脚の人がいないのは、そのスポーツが
O脚に良いからではなく、O脚の選手は脱落するから

2.スポーツによって、O脚が良くなったり悪くなったりすることはないが、
人によってはO脚が進むリスクが高いスポーツは存在する

3.私の院のO脚患者さんの男性1位はサッカー、女性はバレエが多く、
両方ともO脚を助長する動きがある

 

参考になりましたら幸いです。

 

P.S.

今年9月に、スクール10期(東京開催)が始まりますので、それに先立ち、
7月20日に東京でO脚セミナーを行います。

『あなたのO脚の常識が180度引っくり返るセミナー』

テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』
についてお話します。

セミナーの詳細、お申し込みは下記をご覧ください。

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

 

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

無料教材(PDF) を申し込む

 

当スクールの基礎編を分かりやすくまとめた教材DVDを(株)カイロベーシック様より発売中!



 

O脚とスポーツ・その2「O脚に良いスポーツ・悪いスポーツ」

2017年 6月 17日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚とスポーツの2回目「O脚に良いスポーツ・悪いスポーツ」
というお話です。

 

患者さんやスクール生の先生方、また勉強会でご一緒した先生など
多くの方から良くされる質問に、

「O脚が良くなるスポーツはありますか?」
「O脚の人にとって悪いスポーツって何ですか?」

というものがあります。

 

私の個人的な考えは・・・

 

O脚が良くなるスポーツもないし、O脚が悪くなるスポーツもない

 

時々、「〇〇はO脚に良いスポーツ」、逆に「△△はO脚に悪い」
という噂を聞くことがあります。

 

実際『O脚比率が高いスポーツ』というのは存在します。

しかし、私はそのスポーツ自体がO脚を産むとは考えていません。

 

なぜなら、たとえO脚比率の高いスポーツであっても、
O脚にならない人の方も多いから。

 

おそらく、「選手全員がO脚」というスポーツは
存在しないはずです。

 

いろいろ考えた結果、一番適切だと思う表現として

『ある条件を満たす人』がそのスポーツをすることにより
O脚になったり、O脚が進んだりするリスクが高いスポーツは実在する

という結論に達しました。

 

あくまで私の個人的な意見ですので、
正しいかどうかは分かりません。

 

最終的な判断は、各自でお願いします。。

 

もしかしたら、今後変わるかもしれません。

その場合は、またここで書きますね~

 

先程も書きましたが、私は

『ある特定のスポーツが、O脚に良くしたり悪くしたりすることはない』

と思っています。

 

ですが、実際に『O脚比率が高いスポーツ』は存在するのは事実です。

 

次回のO脚とスポーツ第3弾では、私の院のO脚患者さんで
男性・女性各1位のスポーツを発表します!

 

P.S.

今年9月に、スクール10期(東京開催)が始まりますので、それに先立ち、
7月20日に東京でO脚セミナーを行います。

『あなたのO脚の常識が180度引っくり返るセミナー』

テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』
についてお話します。

セミナーの詳細、お申し込みは下記をご覧ください。

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

無料教材(PDF) を申し込む

 

当スクールの基礎編を分かりやすくまとめた教材DVDを(株)カイロベーシック様より発売中!



 

O脚とスポーツ・その1「一流アスリートにO脚の人がいない理由」

2017年 6月 10日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

O脚の患者さんはもちろん、スクール生の先生方や他にもいろんな方から
スポーツについてよく質問されます。

 

『O脚とスポーツ』に関して、私なりの見解を書いていこうと思います。

 

本日は、O脚とスポーツ・第1弾『一流アスリートにO脚の人がいない理由』
というお話です。

 

たまに「〇〇をするとO脚にならない」と言う話を耳にします。

耳にしたことはありませんか?

 

その根拠の1つとして、「〇〇(スポーツ名)の選手にはO脚がない」
というものがあります。

 

本当でしょうか?

先生はどう思われますか?

 

私は、必ずしも正しいと思っていません。

 

当院で、男性患者さんぶっちぎりNo.1のあるスポーツさえも、
プロの選手でO脚の方はあまりいません。

 

ましてや日本代表の選手の中にはおそらくいないでしょう。

(あまり見ないので断定できません^^;)

 

そのスポーツのプロの選手にO脚の人がいないからといって、

「そのスポーツをしたらO脚にならないよ」

とは、口が裂けても言えません。

 

だって、事実めちゃくちゃ多いです。

 

では、なぜ一流のアスリートにO脚がいないのか?

 

私が考えるその理由とは、

O脚だと一流アスリートになれないから

 

学生やアマチュアのそこそこのレベルまでだったら、
たとえO脚の方でも、ずば抜けて上手ければ通用するかもしれません。

 

しかし、トッププロやオリンピック選手などの一流アスリートは、
ずば抜けて上手い人の中のうちの、ほんの一握りの選手達です。

 

当然、一般人では想像もできない練習を重ねて
さらに環境や運も味方しなければ、一流アスリートにはなれません。

 

そんな一握りの選手しかトッププロやオリンピック選手にはなれないのです。

 

テレビで取り上げられたり名前が知られている選手は、そんな人達です。

 

O脚だと、その過酷な練習に耐えることが難しい。

 

例えば、一流のマラソン選手の場合、正確な距離は忘れましたが、
練習で1ヶ月に何百キロも走るそうです。

 

O脚の方が1ヶ月に何百キロも走ったら、間違いなく腸脛靭帯炎を起こします。

 

O脚の選手は一流アスリートが行う練習に耐えられない

 

つまり、O脚の選手は脱落していくのです。

だから、トッププロやオリンピック選手にO脚の選手はいない。

 

テレビでそのスポーツや競技を見て、選手にO脚の人がいないから

『そのスポーツ(競技)をしたらO脚にならない』

というのは違うんじゃないかな~と思います。

 

先生はどう思いますか?

 

P.S.

今年9月に、スクール10期(東京開催)が始まりますので、それに先立ち、
7月20日に東京でO脚セミナーを行います。

 

『あなたのO脚の常識が180度引っくり返るセミナー』

テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』
についてお話します。

セミナーの詳細、お申し込みは下記をご覧ください。

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

無料教材(PDF) を申し込む

 

当スクールの基礎編を分かりやすくまとめた教材DVDを(株)カイロベーシック様より発売中!



 

スクールの開催・募集等の詳細

2017年 5月 29日

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

時々「詳細を教えて欲しい」というお問い合わせを頂きますので、詳細をお伝えします。

 

スクールの開催地と開催時期

当スクールは1ヶ月に1回×3回(3ヶ月間)となります。

東京開催

1回目 9月の第3木曜または第4木曜
2回目 10月の第3木曜または第4木曜
3回目 11月の第3木曜または第4木曜

大阪開催

1回目 3月の第3日曜または第4日曜
2回目 4月の第3日曜または第4日曜
3回目 5月の第3日曜または第4日曜

 

カリキュラム

カリキュラムは下記の通りです。

1回目
O脚実技(基礎編)・O脚総論Ⅰ・姿勢指導・歩行指導・
セルフケアⅠ&Ⅱ・セルフトレーニングⅠ 他

2回目
O脚実技(上級編)・O脚総論Ⅱ・O脚各論Ⅰ・集客法Ⅰ・セルフトレーニングⅡ 他

3回目
O脚実技(臨床編)・O脚各論Ⅱ・集客法Ⅱ・セルフトレーニングⅢ 他

 

募集

1次~3次募集までありますが、定員に達し次第、募集を終了します。

1次募集

スクール開始約2ヶ月前にプレセミナーを行い、セミナー参加者を対象に行います。

東京は7月第3木曜または第4木曜
大阪は1月第3日曜または第4日曜

セミナーの詳細・お申込みは下記から↓

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

2次募集

「セミナーには参加できないがスクールの案内を希望」という方を対象に行います。

2次募集の案内を希望される方は下記から↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylThqEvww

3次募集

無料メール説明会を行い、無料メール説明会にご参加いただいた方を対象に行います。

 

急なご辞退があった時やご応募が奇数だった時などに数度募集したことはありますが、
過去9回の募集のうち8回は、1次募集で募集を終了しました。

また、セミナーに参加された方だけの特典もありますので、
スクール参加を決めておられる場合、セミナーにご参加いただけましたら幸いです。

 

直近は、10期東京開催で、7月20日にセミナー&1次募集を行います。

本講義は、1回目9月14日、2回目10月19日、3回目11月16日です。

 

ご不明な点がありましたら、下記からお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

             

             無料教材(PDF) を申し込む

 

当スクールの基礎編を分かりやすくまとめた教材DVDを(株)カイロベーシック様より発売中!



 

O脚矯正をメニュー化する最適なタイミングとは?

2017年 5月 8日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚矯正をメニュー化する最適なタイミングとは?』というお話ですが、
本題の前に1つお知らせを。

 

今年9月に、スクール10期(東京開催)が始まりますので、それに先立ち、
7月20日に東京でO脚セミナーを行います。

 

『あなたのO脚の常識が180度引っくり返るセミナー』

テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』
についてお話します。

セミナーの詳細、お申し込みは下記をご覧ください。

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

 

それとスクールの日程も決定していますのでお知らせします。

日程は下記の通りです。

1回目(基礎編) 9月14日
2回目(上級編) 10月19日
3回目(臨床編) 11月16日

 

スクールをお考えの方は、空けておいてくださいね^^

以前から日曜開催のリクエストがありましたので、いろいろ会場を探しましたが
どうしても会場が見つからなかったため、今期も木曜に行います。

大阪開催(来年1月募集)は大阪で行いますので、「どうしても日曜日」という方は、
申し訳りませんが大阪開催にご参加頂きましたら幸いです。

 

では本題です。

 

本日は、『O脚矯正をメニュー化する最適なタイミングとは?』というお話です。

 

この質問は、スクール生から良く受ける質問で、つい最近も質問を受けました。

実は、答えは1つではありません。

 

例えば

・開業前か?開業後か?
・開業間もないか?開業後かなり経つか?
・慎重派か?イケイケ派か?

などで、おススメは変わってきます。

 

無責任なアドバイスをしてはいけないので、状況を把握しているスクール生以外は
個別にお答えしていません。

しかし、上のすべての場合に共通して『OK』というタイミングがあります。

 

そのタイミングとは・・・

O脚矯正の改善率が、『メインの施術の改善度(または満足度)と同じレベルなった時』、
または『メインの施術の改善度(満足度)上まわった時』

です。

 

O脚矯正の改善率が、メインの施術の改善率(満足度)より低い状態でメニュー化すると、
院の全体評判が落ちる可能性があります。

 

例えば、満足度90%のカレーを出すお店があるとします。

 

そのお店が、満足度50%のシチューを出したらどうなるでしょうか?

カレーを食べた場合、満足しないのは10人中1人ですが、
シチューを食べた場合、満足しないのは10人中5人です。

仮に、半数の方がシチューを注文したら、満足しない人が30%になり、
お店全体の満足度は70%になります。

 

カレーだけを提供していた場合の満足度は90%なので、
満足度50%のシチューを提供したばっかりに
お店全体の満足度は20ポイントも落ちてしまうのです。

 

お分かりいただけましたか?

 

同じように、メインの施術の改善率(満足度)を下回る状態でO脚矯正をメニューした場合、
もしかすると先生の院(店)の満足度が下がるかもしれません。

 

なので、先ほども書きましたが、「O脚矯正のメニュー化はいつ?」と聞かれたら

O脚矯正の改善率が、『メインの施術の改善度(または満足度)と同じレベルなった時』、
または『メインの施術の改善度(満足度)上まわった時』

と答えます。

 

O脚矯正をメニュー化する場合や新しい施術をメニュー化する際の
参考になりましたら幸いです。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

O脚の方はすき間を狭くしたいんじゃない

2016年 11月 7日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」
代表の中野直彦です。

 

来年3月からの7期大阪コースを開催するにあたり、
プレセミナー&先行スクール説明会を行います。

 

先行募集時の先行募集で定員に達しない場合のみ、
その後に一般募集を行います。

2期の福岡コースを除き、ほとんどは、
プレセミナー時の先行説明会&先行募集で
定員に達しました。

 

プレセミナーに参加された方だけの特典もありますので、
もし、スクールをお考えの方は、できましたら
プレセミナーへのご参加をお願いします。

 

セミナーの詳細・ご参加の方は下記から

年間2000人以上のO脚矯正をしている施術者だから知っている、
テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

 

本日は、 『O脚の方はすき間を狭くしたいんじゃない』 というお話です。

 

よく「O脚が改善しました」と言う画像で、

『ただ単に隙間が狭くなっているだけじゃね?』

と言う画像を見かけます。

 

ただ単に隙間が狭くするだけなら、簡単です。

患者さんに「脚を閉じてください」と言えば良い。

力任せに寄せるような施術でも、もしかしたら少しはすき間が狭くなるかもしれない。

 

でもね、O脚の方が求めてるのは、そんなことじゃない。

すき間が狭いのに、イマイチ綺麗じゃない脚を見たことはありませんか?

 

例えば、膝下O脚はその典型例で、太腿や膝はくっついています。

そして、すき間は狭いです。

 

では、膝下O脚って美脚ですか?

 

「膝下O脚って、すき間狭いしそれでいい」

とお考えだったら、O脚やO脚矯正に関わらない方が良い。

 

O脚で悩んでいる方で、ただ単にすき間が狭くなって喜ぶ人はいません。

O脚の程度をすき間で判断し、すき間が狭くなって得意げになっている人は、
O脚の方の悩みを理解していません。

 

O脚の方はすき間を狭くしたいんじゃない!

綺麗な脚になりたいんです。

 

じゃあ、綺麗な脚になるためにはどうすれば良いのか?

 

「それはまたの機会に!」って書いたら怒られそうなので書きます。

 

長さも太さもすき間もほとんど同じくらいなのに、
綺麗に見える脚と綺麗に見えない脚。。。

その違いは、「ふくらはぎ」なんです。

 

綺麗な脚は、ふくらはぎが紡錘形。

綺麗じゃない脚は、半月状。

 

脚が綺麗に見えるためには、ふくらはぎの形を
『紡錘形』に変えなくてはならないんです。

 

ふくらはぎの形を変えられないんだったら、それはO脚矯正じゃない。

単なる『すき間を狭くする方法』です。

 

「O脚の方の悩みを解消してあげたい」

とお考えでしたら、是非理解しておいてくださいね^^

 

当スクールのノウハウが詰まったDVD発売中です。

 

O脚施術ハイパーメソッドセミナーDVD
~年間600人のO脚新規患者が来院する驚愕の技術~

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

O脚施術ハイパーメソッドセミナーDVD

2016年 11月 1日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

この度カイロベーシック社様より、タイトルの

『O脚施術ハイパーメソッドセミナーDVD』

が発売されました。

DVDの詳細はこちらをクリックしてください!

 

fullsizerender

 

・ずっと前からブログを読んで下さってる方

・最近すべてのブログを読まれた方

 

の中には、「あれ??」と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

はい、実は私、 DVD否定派 だったのです(笑)

 

2年半ぐらい前のブログで、思いっきり「DVDは出さない」と宣言してました。

 

そのブログがコチラ↓

http://okyaku-nozomi.com/blog/archives/203.html

 

DVD否定派だった私が、なぜ今回DVDを出したのか?

それは、時々登場する、私が最も信頼し尊敬するコンサルタントのM氏の言葉でした。

 

『DVDでは伝わらない』と考え、DVD否定派だった私はM氏から次のように言われました。

 

「DVDを買う人の多くは、DVDを見ただけで全てできるとは思っていません。

だから、中野先生が伝わらないことに対して責任を感じる事はしなくていい。

中野先生がこれからもずっと1人治療院で通すなら、DVD発売は必要ありません。

しかし、現在スクールという形でO脚矯正を広める活動をしている立場なので、
DVDを発売することはプラスになると思います。」

 

この言葉で心変わりしました(笑)

 

今回のDVD化にあたり、カイロベーシック社様より依頼されたのは、

1.多くの治療家さんのO脚及びO脚矯正に対する誤解を解いて欲しい
2.比較的簡単で再現性が高い施術を伝授して欲しい

というものでした。

 

今回のDVDは、公開セミナー形式で行ったため、4時間という限られた時間でした。

限られた時間内でしたが、精一杯お伝えしました。

 

ただ、スクールの授業時間と比べると圧倒的に短く、すべてのO脚の手技を
お伝えできたわけではありません。

 

しかし、重要な部分はしっかりとお伝えしたので、熟練すると
難治度の高いO脚を除けば、対応できる内容になっていると思います。

 

また、DVDをすべて見ていただければ、
今世間で言われているO脚及びO脚矯正の多くの常識が、
間違っているという事に気づいて頂けると思います。

 

なので、

1.正しいO脚の知識を知りたい
2.O脚矯正の基本的な手技を学びたい
3.私がどんな事をしているか知りたい

という方で、日程や費用などの事から「スクール受講はちょっと厳しい」

という方には、ピッタリだと思います。

 

『O脚施術ハイパーメソッドセミナーDVD』販売ページ

ご興味がありましたら、購入をご検討いただけたら幸いです。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

O脚矯正に足関節の調整は必要か?

2016年 9月 16日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚矯正に足関節の調整は必要か?』というお話です。

 

私は、常々

『O脚矯正に内転筋の筋トレは不要』

『O脚矯正骨盤矯正は不要』

と唱えています。

 

本日のタイトルの「足関節の調整は必要か?」ですが、、、

 

まず、結論から。

はい、予想通り『O脚矯正に足関節の調整は不要』です。

 

私は、年間600人以上の新規患者さんを見ています。

ですが、足関節の調整が必要だった方を知りません。

 

O脚の方はのほとんどは、下腿が傾いています。

その影響で、足関節が外反しているように見えます。

ですが、仰臥位などで、荷重がかからない状態だと外反位の方はほとんどいません。

 

これに似ている例をあげます。

 

右手に思い物を持つと、身体は左に倒れますよね?

これ、背骨歪んでますか??

 

右に重い物を持っているので、身体を左に倒してバランスを取っているだけですよね?

 

もし、患者さんから「先生、右手に荷物を持つと体が左に倒れます」と言われたとき、

「あ、それは背骨が歪んでいますので、背骨調整をしなければなりません!」

と答えますか?

 

そんなことは言わないはずです。

 

なぜなら、荷物を持たなければ元に戻るから。

 

O脚方の足関節が外反位なのは、下腿の傾きを足関節が外反位になることによって
バランスを取っているんです。

 

なので、荷物をおろせば身体が元に戻るの同じで、
O脚の方の足関節外反位も、O脚が改善すれば消失します。

 

ちょっと考えたら当たり前の事でも、何故か『O脚』の話になると、

それっぽいことになってしまうから不思議です。

 

O脚矯正では、それっぽい事だけど間違っていることがたくさんありますので、
騙されないようにしてくださいね^^

 

もう一度書きますが、O脚矯正に足関節の調整は不要です!!

 

もしかしたら、負けず嫌いな人は「足関節を調整しなくても良い場合はある」
というかもしれません。

もしそうだとしたら、当院の年間600人以上の新規患者さんは、
たまたま「足関節を調整しなくても良い方」ばかりってことになります^^;

 

そんなことが起こるかどうかの判断は、お任せします。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

本音を言うと、あまり多くの方に知って欲しくないです。

2016年 6月 30日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『埼玉県川越市 やよい整体 小川昭 先生』です。

http://www.yayoiseitai.jp/category/1947997.html

 

ogawa

 

1.当スクールに参加されたきっかけを教えて下さい

今まで、実践で悩んでいたためです。

中野先生の施術後の写真を見て、すごく興味を覚えました。

以前他所でO脚矯正法を習い、メニュー化していたのですが、
思うような結果を出せず悩んでいました。

ネットその他で情報を見ながら、いろいろ工夫しつつも、
一向に結果が出ずに落ち込んでいました。

そんな折り、中野先生のホームページのビフォーアフターの写真を見て、
ひと目でアフターの脚線の美しさに驚きました。

その写真は、脚だけではなく、お尻から足先までのラインがとても綺麗だったからです。

見れば見るほど早く学びたいと思いましたが、東京開催は年に1度とのことで、
とても待ち遠しかったのを覚えています。

 

2.参加した感想をお聞かせください

想像してた以上に良かったです。

「いったいどんなやり方をしているんだろう?」と、
秘密のベールを剥ぐような気持ちで参加しました。

中野先生は、技術・知識の全てを、惜しみなく全て見せて下さいます。

見たところ、難しそうなことは何一つやっていませんが、
「え!?こんなやり方なんだ!」と思うくらい、
それは、過去に見たことのない、とてもシンプルかつ合理的な方法でした。

初回で検査した時に、その人の改善範囲や難易度がわかる方法も教えていただけます。

それに、施術後に戻らない方法も考えて組み立てられています。

講習の内容も、毎回動画に撮って、あとで受講生全員に送信して下さるので、
何度も見返すことが出来てとても助かります。

こんなこと一つとっても、良い先生にめぐりあえて良かったと思っています。

 

3.当スクールに参加して変化した事を教えてください

日々お客様に施術するごとに、O脚矯正に対する自信がついてきます。

1回目受講後の実践で、この技術の完成度に納得させられました。

O脚は見た目で、その良し悪しがわかるので、毎回真剣勝負ですが、
実際に、モニターで受けていただいた方が1回から数回で改善していきます。

中野先生の技術は、短い時間・最低限の回数で、結果を出しやすいように、
考えられています。

今までの私の方法と違って、いらした方に素直に向き合い、
迷うことなく対応できるようになりました。

もちろん施術には多少の経験と工夫は必要ですが、
不安なく問診・検査・施術・フォローを組み立てることができます。

 

4.これから参加される方へメッセージをお願いします

これは本物の技ですね。

本音を言うと、あまり多くの方に知って欲しくないです。

あなたが今思っているО脚矯正に関する疑問や悩みは
きっと私と同じように、このスクールに出席することで解決するでしょう。

結果が出せる技ですから、受講費用はけっして高いとは感じないでしょう。

 

=======ここまで=======

 

小川先生は、当スクールに参加される前からO脚矯正をされていて、
ホームページも見たことがありました。

私は、あまり他院のホームページを見ないので、
なぜ小川先生のホームページを見たことがあったのか、
今でも不思議です。

きっと縁があったのでしょう^^

 

O脚矯正のホームページは、デタラメな内容が多いのですが、
私が見た小川先生のホームページは、珍しくまともでした(笑)

なので、「この先生はきっと結果を出されているんだろうな」と
思っていました。

その小川先生が当スクールにお申し込みいただいた時は、
「マジか!?」と驚いたのを今でもおぼえています。

 

小川先生は、スクールの中で数少ない私より人生の先輩ですが、
その熱心さにいつも感服しています。

ビフォーアフターの報告数が一番多いのが、小川先生です。

埼玉県川越市周辺の方は、小川先生を強く強くおすすめします。

 

P.S.7月21日に東京でO脚セミナーで行います。

テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』

セミナーの詳細、お申し込みは下記から↓

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

自信を持ってO脚に向き合うことができるようになりました。

2016年 6月 27日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『東京都多摩市 Bronco自然整体院 浜田靖生 先生』です。

bronco@kenko-saisei.com

 

hamada

 

1.当スクールに参加されたきっかけを教えて下さい

これまでは特にO脚矯正をメニュー化してはいなかったのですが、
それでも年に数人程度O脚矯正を希望する方が来院されました。

過去に学んできた整体にO脚用の手法がありましたので、
そちらで対応してきたのですが、安定した結果は得られず、
大きな変化がでない場合がほとんど…

それ故、「軽いレベルならともかく、重度のO脚は治らないんだな…」
という認識を持っておりました。

ところが、とある勉強会で知り合った中野先生が、
O脚矯正で圧倒的な結果を出されており、
自分の認識が誤りであったことを痛感させられることに。

その中野先生が指導してくださるということで、

「O脚で悩んでいる人たちを、きちんと救ってあげたい!」
「結果が出なくて歯痒い思い、悔しい思いはもうしたくない!」

という思いから、参加することにしました。

 

2.参加した感想をお聞かせください

「なぜO脚になってしまうのか?」
「どうすれば改善していくのか?」

ということが、筋道立てて論理的に解説されていたので納得ができましたし、
その上で実際に実技の練習に入るので、とても学びやすかったです。

 

3.当スクールに参加して変化した事を教えてください

教わったとおりにきちんと実践していけば、
ちゃんとO脚が改善していくのだということがわかり、
自信を持ってO脚に向き合うことができるようになりました。

 

4.これから参加される方へメッセージをお願いします

理論も施術法も斬新なものであり、しかも段階を踏んで論理的に教えていただけるので、
無理なく学べます。

そして教わったことをそのまま実践すれば、きちんと結果が出てくれます。

受講料以上の価値があるスクールですので、自信を持ってお薦めします!

 

=======ここまで=======

 

浜田先生とは、いろいろな勉強会でご一緒させていただいています。

ある勉強会では先輩で、別の勉強会では後輩という、複雑な関係です(笑)

 

ある整体の勉強会では、私も浜田先生も主席卒業という、浅からぬ縁を感じています^^

 

浜田先生は、治療の技術も素晴らしく、O脚矯正もとても熱心に取り組んでおられます。

多摩市周辺で、O脚・その他お悩みがありましたら、浜田先生にご相談くださいね^^

 

P.S.7月21日に東京でO脚セミナーで行います。

テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』

セミナーの詳細、お申し込みは下記から↓

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

▲ページトップに戻る