アーカイブ 2014年 4月



なぜ、骨盤矯正を必要としないO脚矯正術が必要だったのか?

2014年 4月 28日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『なぜ、骨盤矯正を必要としないO脚矯正術が必要だったのか?』というお話です。

 

なぜ、骨盤矯正を必要としないO脚矯正術が必要だったのか?

その答えは、治療家全員が骨盤矯正ができるとは限らないから。

 

骨盤矯正が苦手な治療家さんもいるだろうし、理学療法士やマッサージ師の方は、そもそも骨盤矯正に否定的だったり、興味がない場合もあります。

 

私は、以前はO脚矯正の際に骨盤矯正をしていました。

また、現在世間一般に行われているO脚矯正も、骨盤矯正を行っていると思います。

 

しかし、以前のブロクに書いたとおり、ある時に

『O脚矯正で来られた患者さんも、肩こりや腰痛で来られた患者さんも、骨盤のズレや歪みに大きな差がない』

ということに気づきました。

 

それ以来、私は「本当に、O脚矯正の際に骨盤矯正は必要なのか?」という疑問を持ちました。

 

そして、骨盤矯正をせずにO脚が改善するか検証し始めました。

以前にも書きましたが、結果として、『骨盤矯正をしなくてもO脚が改善する』という事が分かりました。

 

そして、骨盤矯正をした場合と骨盤矯正をしない場合で、O脚が改善する回数や期間に大差がないことも分かりました。

 

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」では、『骨盤矯正をしなくてもO脚が改善するO脚矯正術』をお伝えしています。

 

ですから、

■ 「骨盤矯正をしたことがない」という方

■ 「O脚矯正が得意ではない」という方

■ 「骨盤矯正なんてインチキだ」と思っている方

も、ご安心ください。

 

骨盤矯正をしなくてもO脚が改善するテクニックが、当校にはあります。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html

 



 

O脚矯正の際、「無理に膝を寄せてはいけない」もう1つの理由

2014年 4月 26日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚矯正の際、「無理に膝を寄せてはいけない」もう1つの理由』というお話です。

 

昨日、おとといと東京に行っていました。

その時に、ある治療家の方から、

 

「この前のブログ読みました。膝を無理に付けたらいけないんですね。

知りませんでした。とても参考になりました。」

 

との感想をいただきました。

 

感想をいただくと、とても嬉しいので、その先生にお礼の意味も込めて、本日のブロクを書きます。

 

実は、O脚矯正の際に「無理に寄せてはいけない」理由が、もう一つあります。

 
その理由とは・・・

無理に膝を寄せる人は、O脚の改善が遅いという事実があるのです。

 

「えっ!?本当ですか??」

と言われそうですが、本当です。

 
なぜ、無理に膝をつけると、O脚の改善が遅くなるのか?

 

その理由は、『人は、立つ時に力を入れて立たない』から。

 

「無理に膝を寄せる」ということは、「力を使って寄せている」ということです。

 

人は力を入れて立ち続ける事はできません。

 

だから、頑張って膝を寄せていると、たいてい数分のうちに脚が疲れます。

そうすると、脚の力が抜けます。

足の力が抜けると膝が離れるわけですから、立って数分後には、膝が離れるということになります。

 

『数分間だけ脚がくっついて、数分後には脚が離れてもいい』

 

そう思う方は、無理して(頑張って)膝を寄せる運動をしたらいいし、ご自身の患者さんにそうなって欲しいのなら、無理して(頑張って)膝を寄せる運動をさせたらいいと思います。

 

あなたは、ご自身の患者さんに、そんな脚になってもらいたいですか?

 

私は、私の患者さんにはそうなって欲しくない。

だから、正しい指導をしています。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html

 



 

O脚の人が無理に膝を寄せる行為は、実はO脚の改善を遅らせる

2014年 4月 23日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚の人が無理に膝を寄せる行為は、実はO脚の改善を遅らせる』というお話です。

 

あなたは、『O脚の人がO脚改善のため、無理に膝を寄せている』シーンを、見たことはありませんか?

もしかしたら、「がんばって膝を寄せましょう」と指導しているところもあるかもしれません。

しかし、これはO脚の方にとって、NGな行為です。

 

O脚の方が、無理に膝を寄せようとした時、多くの場合大腿が内旋位になります。

わりと誤解している方が多いのですが、大腿が内旋位になると、O脚は悪化します。

したがって、大腿を内旋させながら無理に膝を寄せる行為は、O脚の改善を遅らせるのです。

 

「力を入れて寄せたら、膝が付くんです」

 

これは、ぜんぜん良いことではありません。

内旋位になっているとしたら、むしろ改善を遅らせる行為と言えます。

 

間違った指導は、意味がないだけでなく、O脚の改善を遅らせます。

 

膝が付かないのがO脚。

だから、がんばって膝を寄せれば良い。

 

こんな考えでは、到底O脚矯正なんて出来ません!

 

肩こりを治すのには、肩こりについての知識が必要です.

腰痛を治すには、腰痛の知識が必要です。

同じように、O脚を治すには、O脚の知識が必要なんです。

 

肩こりや腰痛の知識がない人が、肩こりや腰痛の治療をしてはいけないのと同じで、

O脚の知識がない人は、O脚矯正をしてはいけない。

 

私は、そう思っています。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html

 



 

「本当にO脚を治してくれるのか?」という疑問に答えられてますか?

2014年 4月 18日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『「本当にO脚を治してくれるのか?」という疑問に答えられてますか?』というお話です。

 

O脚でお悩みの方は、O脚矯正を受ける際、

「本当に私のO脚を治してくれるのか?」

と思っています。

 

O脚矯正を受けるのが初めて方や2軒目くらいの人は分かりませんが、5軒とか・6軒でO脚矯正を受けてこられた方は、初回のO脚矯正施術で、その施術者の技量を見抜くことができるそうです。

私の院に来られた方でも、「初回に、ここはダメだと分かる」と話す人が少なくありません。

まあ、当たり前といえば当たり前の話です。

 

皆さんのところに来られる肩こりや腰痛の患者さんも、そうではありませんか?

いろんな治療院で、肩こりや腰痛の施術を受けたことがある人は、一度肩こりや腰痛の施術を受けただけで、その施術家が、腕がいいのか悪いのか分かりますよね?

 

O脚矯正においても、同じ事がいえます。

なかなかO脚が改善されず、何軒も治療院を変わっている人は、すぐにその施術家が、腕がいいのか悪いのか分かるそうです。

 

O脚矯正を続けて受けていただくためには、

「あ、この先生なら私のO脚を治してくれそう」

そう思っていただける施術を、初回に披露しなければなりません。

 

あなたは、初回に「この先生に任せてみよう」と思っていただけていますか?

 

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」には、初回に患者さんの信頼を得るテクニックがあります。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html

 



 

なぜ、男性のO脚矯正をしないの?

2014年 4月 15日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『なぜ、男性のO脚矯正をしないの?』というお話です。

 

私の院には、京都や神戸から、男性がO脚矯正を受けにこられる事があります。

 

女性は、ご自身のO脚を治すためなら、たとえ遠くても来られます。

関東だけじゃなく、東北や四国からも来られた方がいます。

だから、女性が遠くからO脚矯正を受けに来られるのは、珍しくありません。

 

しかし、男性が1時間以上もかけて、O脚矯正に来られるなんて・・・

『よほどO脚を治したいんだなぁ』と思い、

「遠いところから、わざわざ大阪まで来られるなんて、すごいですね」と話しかけたら、

 

「近くに男性のO脚矯正をしている所がなくて・・・」とのこと。

 

詳しくお話を聞いてみると、ホームページに「女性のみ」と書いてあったり、ホームページには「女性のみ」とは書いていなけど、電話をしたら「女性のみですと言われた」との事。

 

まあ、『施術者が女性で、患者さん(お客さん)もすべて女性』だったら分からなくないけど、男の施術者が、なんで男性のO脚矯正をしないのだろう?

 

以前私の院に来られた方が、男性お断りのところに「なんで男性のO脚矯正をしていないんですか?」と聞いたところ、「男性のO脚は治りにくいので…」と言われたそうです。

 

『治りにくいから、男性のO脚はしない』

 

立派なポリシーだなぁ(笑)

 

ちなみに、私はもちろん男性のO脚矯正も行います。

「O脚矯正 男」で検索すると、私の院のホームページが1ページ目に出てきます。

 

もちろん、O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」では、男性にも有効なO脚矯正法をお伝えします。

 

あなたは、難しいから、男性のO脚矯正を断りますか?

それとも、胸を張って「お任せ下さい」と言いたいですか?

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html

 



 

O脚矯正が出来ないなら、O脚矯正の看板を外して欲しい

2014年 4月 14日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚矯正が出来ないなら、O脚矯正の看板を外して欲しい』というお話です。

 

今回は、今までにない聞いた事がないO脚矯正を受けた方が来られましたので、そのことについて書きます。

 

『いくら上手に骨盤矯正をしても、骨盤矯正だけではO脚は改善しない』

というのは、以前書きました。

 

しかし、今回聞いた方法は、斬新過ぎます。

 

なんと、『膝を木槌で叩く』というもの!

 

「開いた口がふさがらない」とは、まさにこのこと(笑)

「これでトラぶって、賠償保険出るのかな?」と余計な心配をしてしまいます。

 

しかも、とても簡単な患者さんに向かって

「あなたのO脚は先天性だから、治りませんよ」

とか言ったそうです。

 

あ、ちなみに、O脚に先天的な要素は、ほぼ関係ありません。

 

簡単なO脚だったので、1回のO脚矯正でかなり改善しました。

(ここでの画像を貼り方が分からないので、画像は私の治療院ブログをご覧ください。)

http://ameblo.jp/katsuyama4/entry-11822340650.html

 

話を戻しますが、こんな意味不明なO脚矯正(O脚矯正といえるのか?)をして、それで「O脚は治らない」と思う人が増えるのが、本当にガマンならない!!

 

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」では、ホントに改善するO脚矯正法をお伝えします。

ぜひ、楽しみにお待ちください。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html

 



 

私のまわりには、素晴らしい治療家がいっぱいいる

2014年 4月 12日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『私のまわりには、素晴らしい治療家がいっぱいいる』というお話です。

 

前回、O脚矯正を治せないのに、「O脚矯正」をメニュー化している治療家の特徴を書きました。

今日は、私の周りの素晴らしい治療家さんの事を書きたいと思います。

 

以前のことです。

ある治療家さんが、私にO脚のことを相談してこられました。

その時に、次のようにおっしゃいました。

 

O脚矯正が全くできないわけではない。

けれど、「O脚以外の施術に比べ、結果が良くない」とのこと。

だから、O脚矯正をメニューに入れていない。

 

これが、素晴らしい治療家の考え方だと、感服しました。

 

例えば、

カレー専門店で、「カレーは地域で一番美味い」と自他ともに認めるくらい美味しい。

けど、お客さんのリクエストがあったため、そこそこの出来のピラフをメニュー化した。

 

これって、ダメですよね?

 

そこそこのピラフのせいで、せっかくの地域No.1カレーが、ブランド力を失います。

そこそこのピラフを食べたお客さんから、 「あの店のピラフ食べたけど、普通だったよ。きっとカレーも普通だよ」 と言われる可能性があります。

 

だから、腕のいい治療家さんは、自信のないものをメニュー化しません。

完成度の低いメニューを追加することによって、せっかくのNo.1がそれと同じ評価をされるリスクがあるからです。

 

このような考えの治療家さんが、私のまわりには複数いらっしゃいます。

素晴らしい治療家さんとの交流で、私もすごく勉強させていただいてます。

お付き合いする方によって、良くも悪くもなるんですよね。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html

 



 

なぜ、「O脚の原因が骨盤のズレや歪みでない」と考がえているのか?

2014年 4月 8日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『なぜ、「O脚の原因が骨盤のズレや歪みでない」と考がえているのか?』というお話です。

 

私の院には、多い月は70名以上の新規患者さんが来られます。

以前は、O脚矯正で来られた方も、O脚矯正以外で来られた方も、全員骨盤のチェックをしていました。

なぜ過去形なのかというと、現在私の院のO脚矯正レギュラーコースでは骨盤矯正をしないため、 今はO脚矯正レギュラーコースの方は骨盤をチェックしないからです。

 

話を戻します。

 

以前は、来院された方は全員骨盤のチェックをしていました。

そこで感じたのは、「O脚の人も、O脚じゃない人も、どちらも95%以上の方に、骨盤のズレ・歪みがある」という事。

 

つまり、

O脚の人も、O脚じゃない人も、骨盤のズレ・歪みがある人の割合は、ほぼ同じ

ということ。

 

こんな状況で、なぜ「O脚の原因が骨盤のズレや歪み」といえるのでしょうか?

せめて、O脚の人は95%で、O脚じゃない人が50%くらいなら説得力がありますが。

まさか、「インターネットに書いてあったから」なんてことはないと思いますが^^;

 

まあ、百歩譲って、「O脚の原因が骨盤のズレや歪み」としましょう。

そしたら、なぜ私の院の来られる「O脚じゃないけど骨盤のズレ・歪みがある95%の人」は、O脚にならないんでしょうか?

同じくらい骨盤のズレや歪みがあるのに、なぜO脚になったりO脚にならなかったりするのでしょう?

 

「骨盤のズレ・歪み論」はおいといて、実はO脚とO脚じゃない方には、決定的に違うポイントが、いくつもあります。

私は、立ち方、歩き方、座り方の3つだけで、20箇所くらい違いを見つけています。

実は、他にもたくさん、ありとあらゆるところに違いがあります。

 

中には、「O脚の方の95%以上がしてるけど、O脚じゃない人は95%以上がしない」という決定的に違う行動を知っています。

こういうのを「O脚の原因」っていうのではないでしょうか?

 

少なくとも、「O脚の人もO脚ではない人も95%以上同じ」というものを、O脚の原因とするのは、かなり無理があるように思います。

 

あなたは、O脚の人とO脚じゃない人の行動の違いが、いくつ分かりますか?

 

PS.最後にもう1つ。

私の院では、骨盤矯正をしないO脚矯正のコースでも、90%以上の方のO脚が改善しています。

そして、骨盤矯正を希望する方には、骨盤矯正をするコースもありますが、改善率は骨盤をしないコースとほとんど変わりません。

これが、一番説得力があるかもしれませんね。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html

 



 

O脚を治せない治療家の5つの特徴

2014年 4月 6日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚を治せない治療家の5つの特徴』について書きます。

 

私の院には、他院で良くならなかったO脚の方が、毎月20~30名来られます。

その方たちのお話を聞いていて、O脚を治せない院のパターンが分かってきました。

本日は、そのO脚を治せない五大パターンを紹介しますね。

 

O脚を治せない治療家の五大パターンとは…

・内転筋の筋トレをさせる

・膝、大腿、下腿を紐でしばる

・大腿内側をマッサージする

・やたらストレッチをさせる

・骨盤のせいにしたがる

 

なぜ、この五大パターンの人は、治せないのか?

なぜなら、上の5つでは、O脚の原因を取り除けないから。

 

O脚の原因は、はっきりしています。

O脚の原因を知り、O脚の原因取り除く施術をできる人だけが、O脚の方を救う事ができます。

O脚の原因取り除く施術をすれば、熟練すると9割以上の方のO脚を改善させる事ができます。

*残念ながら、一部どうしても原因を取り除けない方がいますが、そのあたりはまたの機会(スクールかメルマガ)にお伝えします。

 

さらに、O脚の原因を取り除いて、再発を防止する処置をすれば、O脚には戻りません。

 

しかし、残念なことに、これができない院が多すぎるのです。

だから、O脚が治せる治療家が増えるよう、O脚矯正をお伝えしていきたいと思っています。

 

PS.5~6割治せるようになるのは、それほど難しいことではありません。

しかし、8~9割治せるようになるのは、それなりの経験が必要です。

O脚矯正も、一般の治療と同じで、実は奥が深いんです。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材 『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

なぜ、O脚矯正に自信がない治療家が多いのか?

2014年 4月 5日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『なぜ、O脚矯正に自信がない治療家が多いのか?』について書きます。

 

いきなりですが、質問です。

「あなたは、O脚矯正に自信がありますか?」

 

そう聞かれて、「はい、あります!」と答えられる治療家は少ないとも思います。

 

では、なぜO脚矯正に自信がない治療家多いのか?

それは、きちんとO脚矯正を学んだことがないから。

 

肩こりや腰痛の施術に自信がない治療家は少ないと思います。

その理由は、きちんと施術を学んだから。

 

そもそも、きちんとしたO脚矯正ができる治療家が多くはありません。

そのため、きちんとしたO脚矯正を教えてくれる学校やセミナーも、多くはありません。

 

私は、本当に結果が出るO脚矯正をお伝えします。

 

あなたは、下記に当てはまりませんか?

 

●O脚矯正に自信がない

●患者さんのO脚を治してあげたい

●結果を出せるO脚矯正を学びたい

 

もし、当てはまるようでしたら、私と一緒に進みませんか?

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

現在、無料教材 『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

▲ページトップに戻る