アーカイブ 2016年 3月



O脚矯正で、『内転筋の筋トレ』ってどうなのか?

2016年 3月 30日

こんにちは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚矯正で内転筋の筋トレってどうなのか?』
というお話です。

 

私のところにO脚矯正を受けに来られる方の話を聞いていると、
世間では『内転筋を鍛える』というのが、いまだに主流のようです(苦笑)

 

確かに、ほとんどの場合、無理やり脚を寄せたら
それなりに隙間は狭くなるでしょう。

 

では、この方の場合はどうでしょう?

b2

大腿部には隙間がほとんどありません。

なので、『頑張って寄せる』という力技は通用しません。

 

もし内転筋の筋トレで、この方のO脚を治す場合、

どれくらい内転筋を鍛えたらいいのか?
どのような筋トレをしたらいいのか?

 

内転筋の筋トレで、O脚を治している方がいたら、ぜひ教えて欲しいです。

 

ちなみに、当スクールでお伝えしている方法でO脚矯正を行えば、
たった30分で下の写真のようになります。

ba完成

大腿部の隙間はほとんど変わっていませんが、
下腿部ははっきりと隙間が狭くなっていると思いませんか?

 

「大腿部がほとんど変わっていない」ということは、
「無理に寄せていない」ということです。

 

私は、スクールで常々こう言っています。

『本物のO脚矯正は、下腿部が変わる』

 

大腿部の隙間なんて、誰だって狭くできます。

患者さんに、「膝を閉じて下さい」と声かけすれば良いからです。

 

でも、下腿部の隙間やカーブは、正しいO脚矯正をしなければ
変えられないんですよ。

 

私はスクールの講義で、写真を撮る時に「脚を寄せてと言ってはいけない」と
言っています。

なぜなら、O脚でお悩みの方は、『脚を寄せた時だけ隙間がない脚』など
望んでいないからです。

 

O脚でお悩みの方が望んでいるのは、『普通の状態で綺麗な脚』です。

だから、写真を撮る時に「普通の状態で撮らなければ意味がない」と
思っています。

 

ちなみに、これは私だけが出来るのはなくて、当スクールのO脚矯正法を使えば、
誰だってできます。

 

あなたは、患者さんからO脚について相談を受けたことはありませんか?

 

患者さんからO脚の相談を受けるたびに、悩み・困っているのなら、
いっそ『O脚を治せる治療家』になりませんか?

 

当スクールは、あなたのお悩みにこたえる自信があります。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

O脚とガニ股は違う

2016年 3月 24日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

再来週で5期が終了します。

6期は東京開催で、7月にセミナー&募集を行い、9月開校です。

なので、そろそろ6期に向けた準備を始めないといけない時期になりました。

まだ募集は行っていませんが、セミナーでは、
テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』
についてお話します。

 

『あなたのO脚の常識が180度引っくり返るセミナー』

http://okyaku-nozomi.com/seminar01.html

募集の際は、こちらのブログ、メルマガ(最後にある無料教材をご請求いただきましたら、
メルマガを送らせて頂きます)、Facebookなどでお知らせします。

ご興味のある方は、チェックしておいてくださいね^^

 

本日は、『O脚とガニ股は違う』について書きます。

 

あなたは、O脚とガニ股の違いを正確に説明できますか?

 

O脚とガニ股は、形こそ似ていますが全く違うものです。

 

プロの治療家の方は、見たら鑑別できても、

「説明するとなると…」

という方もいるんじゃないでしょうか?

 

一般の方は、そもそも区別できない方が少なくありません。

私にところにO脚矯正を受けに来られる方のうち半数以上の方が、
ご自身を「ガニ股」だと思っている、または周りから「ガニ股」だと
言われたことがあるそうです。

 

先程も書いた通り、O脚とガニ股は全く違うものです。

ガニ股の多くは中年以上の男性で、O脚は老若男女すべてで見られ、
O脚とガニ股をそれぞれ言葉で説明すると、下記の通りです。

O脚 ⇒ 大腿内旋位&下腿外旋位&膝関節伸展(時に過伸展)位

ガニ股 ⇒ 大腿外旋位&下腿外旋位&膝関節屈曲位

 

見たら違いが分かっても、口頭で説明するとなるとどう説明していいか
迷うことってありますよね^^

 

参考になりましたら幸いです^^

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

なぜ、当スクールのO脚矯正手技に骨盤矯正がないのか?

2016年 3月 3日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『当スクールのO脚矯正手技に骨盤矯正がない理由』について書きます。

 

なぜ、当スクールのO脚矯正手技に、骨盤矯正がないのか?

 

まずは、結論から。

それは、O脚と骨盤の歪み・ズレには、何の関係もないから。

 

ネットの世界や雑誌の世界では、

『O脚矯正に骨盤矯正は必要』
『骨盤の歪み・ズレがO脚の原因』

と言われています。

 

実は、私も3~4年前は、O脚矯正の際に骨盤矯正をしていました。

なぜなら、『O脚矯正に骨盤矯正は必要』と習ったから。

 

しかし、ある時疑問に感じました。

 

私は、肩こりや腰痛、その他通常の施術では、骨盤矯正を行います。

そこでいつも感じるのは、何かしらの症状があって当院に来られる方の
ほぼ全員が、骨盤のズレ・歪みがあるということです。

O脚の人も、O脚じゃない人も、です。

 

「ん?O脚じゃない人も、O脚の人も全員骨盤のズレ・歪みがあるよな~?
もしかしたら、O脚矯正に骨盤矯正は必要ないんじゃない?」

という思いが強くなり、試しに骨盤矯正をせず、
O脚改善に必要な手技だけを行ってみました。

 

すると…

骨盤矯正をした場合と骨盤矯正をしなかった場合で、
結果に差がないことが分かりました。

考えてみれば、O脚の人もO脚じゃない人も、
骨盤のズレ・歪みがある確率や程度にほとんど差がないわけですから、
当たり前といえば当たり前なのですが…

 

誤解しないで頂きたいのですが、私は決して骨盤矯正否定派ではありません。

先程も書きましたが、当院では、肩こりや腰痛、その他通常の施術では、
骨盤矯正を行います。

 

肩こりや腰痛には必要だと思っています。

なぜなら、骨盤矯正を行い、骨盤のズレ・歪みを無くすことで、
肩こりや腰痛などの症状は改善するから。

 

しかし、O脚矯正においては、骨盤矯正をしてもしなくても
結果はほとんど同じです。

 

だから、

「O脚を良くしたい」という目的でO脚矯正を受けに来られた方に、
不必要な骨盤矯正はしない

ということです。

 

もちろん、理由があって骨盤を希望された場合は、骨盤矯正をします。

 

例えば、ハンバーガーショップに行ったとして、メインはハンバーガーです。

たいていの場合、サイドメニューがありますが、
サイドメニューが必要なら注文すれば良いし、
不要なら注文する必要はない。

「ハンバーガーとサイドメニューのセットのみ」というは、いかがなものでしょう?

 

O脚を改善したい場合、メインはO脚矯正の手技です。

たいていの場合、骨盤矯正を行っていますが、
骨盤矯正を希望する場合は、骨盤矯正をすれば良いし、
不要なら骨盤矯正をする必要なはない。

「O脚矯正の手技と骨盤矯正のセットのみ」というのは、いかがなものでしょう?

 

以上、当スクールのO脚矯正に、骨盤矯正がない理由でした。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

▲ページトップに戻る