アーカイブ 2017年 5月



スクールの開催・募集等の詳細

2017年 5月 29日

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

開催場所、募集時期、募集方法など「詳細を知りたい」というお問い合わせを頂きますので、詳細をお伝えします。

スクールの開催地と開催時期

当スクールは1ヶ月に1回×3回(3ヶ月間)となります。

東京開催

1回目 平成30年9月9日(日)
2回目 平成30年10月14日(日)
3回目 平成30年11月11日(日)

大阪開催

平成31年春開催予定

1回目 3月の第2日曜または第3日曜
2回目 4月の第2日曜または第3日曜
3回目 5月の第2日曜または第3日曜

カリキュラム

カリキュラムは下記の通りです。

1回目
O脚実技(基礎編)・O脚総論Ⅰ・姿勢指導・歩行指導・
セルフケアⅠ&Ⅱ・セルフトレーニングⅠ 他

2回目
O脚実技(上級編)・O脚総論Ⅱ・O脚各論Ⅰ・集客法Ⅰ・セルフトレーニングⅡ 他

3回目
O脚実技(臨床編)・O脚各論Ⅱ・集客法Ⅱ・セルフトレーニングⅢ 他

詳しいカリキュラムはコチラ

募集

1次~3次募集までありますが、定員に達し次第、募集を終了します。

1次募集

スクール開始約2ヶ月前にプレセミナーを行い、セミナー参加者を対象に行います。

東京は7月中旬の木曜または日曜
大阪は1月第3日曜または第4日曜

また、セミナーに参加された方だけの特典(30,000円相当)もありますので、
スクール参加を決めておられる場合、セミナーにご参加いただけましたら幸いです。

直近は、平成30年7月8日(日)に品川区内で行います。

セミナーの詳細・お申込みはコチラ

2次募集

「セミナーには参加できないがスクールの案内を希望」という方を対象に行います。

2次募集の案内を希望される方はコチラ

3次募集

無料メール説明会を行い、無料メール説明会にご参加いただいた方を対象に行います。

 

ご不明な点がありましたら、下記からお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

無料教材(PDF) を申し込む

 

当スクールの基礎編を分かりやすくまとめた教材DVDを(株)カイロベーシック様より発売中!



 

O脚矯正をメニュー化する最適なタイミングとは?

2017年 5月 8日

こんばんは。

O脚矯正・美脚矯正専門スクール「希望(のぞみ)」 代表の中野直彦です。

 

本日は、『O脚矯正をメニュー化する最適なタイミングとは?』というお話ですが、
本題の前に1つお知らせを。

 

今年9月に、スクール10期(東京開催)が始まりますので、それに先立ち、
7月20日に東京でO脚セミナーを行います。

 

『あなたのO脚の常識が180度引っくり返るセミナー』

テレビ・ネット・雑誌などでは知ることのできない『O脚の真実』
についてお話します。

セミナーの詳細、お申し込みは下記をご覧ください。

http://www.okyaku-nozomi.com/seminar01.html

 

それとスクールの日程も決定していますのでお知らせします。

日程は下記の通りです。

1回目(基礎編) 9月14日
2回目(上級編) 10月19日
3回目(臨床編) 11月16日

 

スクールをお考えの方は、空けておいてくださいね^^

以前から日曜開催のリクエストがありましたので、いろいろ会場を探しましたが
どうしても会場が見つからなかったため、今期も木曜に行います。

大阪開催(来年1月募集)は大阪で行いますので、「どうしても日曜日」という方は、
申し訳りませんが大阪開催にご参加頂きましたら幸いです。

 

では本題です。

 

本日は、『O脚矯正をメニュー化する最適なタイミングとは?』というお話です。

 

この質問は、スクール生から良く受ける質問で、つい最近も質問を受けました。

実は、答えは1つではありません。

 

例えば

・開業前か?開業後か?
・開業間もないか?開業後かなり経つか?
・慎重派か?イケイケ派か?

などで、おススメは変わってきます。

 

無責任なアドバイスをしてはいけないので、状況を把握しているスクール生以外は
個別にお答えしていません。

しかし、上のすべての場合に共通して『OK』というタイミングがあります。

 

そのタイミングとは・・・

O脚矯正の改善率が、『メインの施術の改善度(または満足度)と同じレベルなった時』、
または『メインの施術の改善度(満足度)上まわった時』

です。

 

O脚矯正の改善率が、メインの施術の改善率(満足度)より低い状態でメニュー化すると、
院の全体評判が落ちる可能性があります。

 

例えば、満足度90%のカレーを出すお店があるとします。

 

そのお店が、満足度50%のシチューを出したらどうなるでしょうか?

カレーを食べた場合、満足しないのは10人中1人ですが、
シチューを食べた場合、満足しないのは10人中5人です。

仮に、半数の方がシチューを注文したら、満足しない人が30%になり、
お店全体の満足度は70%になります。

 

カレーだけを提供していた場合の満足度は90%なので、
満足度50%のシチューを提供したばっかりに
お店全体の満足度は20ポイントも落ちてしまうのです。

 

お分かりいただけましたか?

 

同じように、メインの施術の改善率(満足度)を下回る状態でO脚矯正をメニューした場合、
もしかすると先生の院(店)の満足度が下がるかもしれません。

 

なので、先ほども書きましたが、「O脚矯正のメニュー化はいつ?」と聞かれたら

O脚矯正の改善率が、『メインの施術の改善度(または満足度)と同じレベルなった時』、
または『メインの施術の改善度(満足度)上まわった時』

と答えます。

 

O脚矯正をメニュー化する場合や新しい施術をメニュー化する際の
参考になりましたら幸いです。

 

本日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

中野直彦

 

現在、無料教材『O脚矯正をする際に、治療家が絶対に理解しておくべき7つの脚のタイプ』(PDF) をプレゼントしています。

ご希望の方は、下記URLをクリックしてください!

http://www.okyaku-nozomi.com/present.html



 

▲ページトップに戻る